トーマスエジソンの生涯のライバル「ニコラ・テスラ」

2020/01/09

2020/01/09

ニコラ・テスラ(セルビア語: Никола Тесла, セルビア語ラテン翻字: Nikola Tesla, 1856年7月10日 - 1943年1月7日)は、19世紀中期から20世紀中期の電気技師、発明家である。交流電気方式、無線操縦、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明や、「世界システム」なる全地球的送電システムなどの壮大な提唱もあり、磁束密度単位テスラ」にその名を残している。 

8つの言語に堪能で、詩作、音楽哲学にも精通し、電流戦争ではトーマス・エジソンのライバルだった。 

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ニコラ・ステラといえば、マッドサイエンティストといわれたり、日本では「狂気の科学者」として扱われることも少なくないようですが、ニコラ・テスラの思想はあまりに時代を先取りしていた為、その時代では理解されない事も少なからずあったようです。

しかし彼が発明したものの恩恵で私たちが利用しているものがたくさんあるのです。

天才科学者 ニコラ・テスラの名言が素敵すぎる!

彼は自然を愛し、本当の発明とは人類だけでなく環境にも優しいものだと提唱していました。

実際の彼は革新的な発想を現実に変える優れた発明家、真の科学者だったのだと思います。

その彼の残した面白い名言を集めてみました。

If you want to find the secrets of the universe, think in terms of energy, frequency and vibration.

宇宙の秘密を知りたければ、エネルギー、周波数、波動について考えなさい。

 

If your hate could be turned into electricity, it would light up the whole world.

あなたの憎しみを電気に変えたら、全世界がライトアップできるだろう。

 

My brain is only a receiver, in the Universe there is a core from which we obtain knowledge, strength and inspiration.

私の脳は単なる受信機にすぎない。宇宙には、我々がアクセスできる知識、強さ、インスピレーションの核がある。

Genius is a flash of the 1% which brings an effort of 99% to nothing.

天才とは、99%の努力を無にする、1%のひらめきのことである。

 

If you only knew the magnificence of the 3, 6 and 9, then you would have the key to the universe.

3,6,9という数字のもつ力さえわかれば、宇宙への鍵を手に入れることになる。

直感は知識を超越する。

Too many ideas passed a head, so it was caught only just a little.

あまりにも多くのアイディアが、頭を通過したので、ほんのわずかしか捕まえられなかった。

 

Intuition transcends knowledge.

Logic and a deliberate effort are something insignificant compared with the wonderful organization in our brain.

直観は、知識を超越する。われわれの脳の中にある、素晴らしい組織に比べれば、論理や計画的な努力は、取るに足らないものになってしまう。

 

I don’t do to advance actual work hastily.

First, equipment is being moved in the mind and it’s being improved.

There is also no great difference also trying testing at a factory actually on the thought.

私は早急に物事を進めたりはしない。先ずは頭の中で思考し、実践するのだ。実際に行うのも思考するのも大した差はない。

It may be theirs at present, but the future is mine.

現在は彼らのものかもしれないが、未来は私のものだ。

やはり、時代を超えた天才。

現代の科学で追及しようとしている最先端事項を直観的に読み取っていた彼は、逸話によると欲しい情報はいつも目の前に降りてきた、というようなことを言っていたようです。

 

しかし、真に化学を愛した努力家であったの事が、彼が結婚をしない理由を、1人の女性や家族の為に自分の愛のほとんどを注いでしまうから、と述べていることから伺えます。

私の大好きな偉人の1人です。

  • 周波数雑学事典公式Twitter

Copyright © 2019 周波数雑学事典 All rights Reserved.