分電盤からマイナスイオン!!【比較その5】

2019/011/21

2019/11/21

マイナスイオンがこんなに

1階設置の個人宅の分電盤自体にTERAQOL®加工を行い、TERAQOL加工をする前と後で、2階にある部屋のマイナスイオンの数がどの程度変化をするのかについて測定をしました。

 

分電盤に送られてきた電気が各部屋へ分配され運ばれますので、電気が分電される大元である分電盤自体にTERAQOL®加工を行うと、各お部屋、施設全体からマイナスイオンの放出される量が増えます。

 

この分電盤へのTERAQOL®加工の前と後とでは、部屋に約2倍の量のマイナスイオンが放出されるようになったという結果がでています。

その比較実験を行ったので、ご覧ください。

【測定機器】

【TERAQOL®加工前測定結果】

日時:2019年8月29日11:42

測定条件:気温29度 湿度56%

測定結果:マイナスイオン個数  410個(最大時)

【TERAQOL®加工後測定結果】

日時:2019年8月29日12:29

測定条件:気温32度 湿度50%

測定結果:マイナスイオン個数  850個(最大時)

  • 周波数雑学事典公式Twitter

Copyright © 2019 周波数雑学事典 All rights Reserved.