シューマン共振と人間の脳の親密な関係

2019/011/4

2019/11/4

シューマン共振と人間の脳の親密な関係

ヒラメキ・天才・アイデア・最高パフォーマンス

奇跡の≪地球共鳴波動7.8Hz≫の全て

の著者の志賀一雅さんの本の中で、指笛を吹くと鳥が寄ってくるロス在住のメグミグレースさんの脳波と指笛のHzのスローアルファー波の強弱変化と同じなのだそうです。

また、オペラ歌手の柏田ほづみさんが歌うと聴いている人がなぜだかわからないけれど涙が出る、という事に興味を持った志賀さんが、脳波を図らせてもらったところ、ここでも脳波に強い7.8Hzのスローアルファー波が含まれると歌声のビブラートも7.8Hzの強弱になるそうで、この時も周りにやかましいほどの鳥が集まって来て、囀り始めたそうです。彼女が歌うとクジラも寄ってくるそうですよ。こちらはYou Tubeにもアップされています。しかも子連れのクジラ。通常子連れのクジラは警戒心が強く子供を守る為に遠ざかるはずですが、それが近づいてくるのです。

私が小さいころ、よく父に山に連れていかれ、その時、彼が静止して手を広げ口笛を吹き始めると、メジロがたくさん父の周りに集まってきたのですが、子供心になんとなく、調和した音や精神の中では鳥や動物との境界線も薄くなるのを感じ、それが楽しくて、山に行くたびに父に「またあれやって!」とねだっていたことを思い出します。

  • 周波数雑学事典公式Twitter

Copyright © 2019 周波数雑学事典 All rights Reserved.