電磁波が気球にノイズであるように人体にもノイズになりうるのか・・・【驚異のDNA修復パワー】

2019/010/31

2019/10/31

DNA修復は医療や化粧品だけではない!

528HzとDNA

ソルフェジオ周波数では528HzはDNAの修復をする周波数とされています。

また、528ヘルツは自律神経と深くかかわる腸を刺激し、副交感神経を優位にするともいわれます。

 

DNAは二重螺旋構造になっていて、2つの塩基で構成されています。

基本的には1方が壊れてしまってももう一方が生きていれば修復できるのです。しかし療法が破壊されてしまうと完全に死んでしまい、老化が起きるとされています。

528Hzと音階の不思議です。

音と振動が DNA を活性化する!

ニューヨークの量子生物学研究室のグレン・レイン博士 in vitro DNA 実験

1998年、ニューヨークの量子生物学研究室のグレン・レイン博士は、in vitro DNA 実験を行いました。528 Hz の周波数を利用するサンスクリット語とグレゴリオ聖歌を含む4つのスタイルの音楽は、スカラーのオーディオ波に変換され、インビトロ DNA を含む試験管を CD プレーヤーを介して再生した。音楽の効果は、音楽への暴露の時間後の UV 光の DNA 試験管サンプルの吸収を測定することによって決定されました。

 

ある実験の結果は、古典音楽が 1.1% の吸収増加を引き起こし、ロックミュージックが効果を示さないことを示す吸収の 1.8% の減少を引き起こしたことを示した。グレゴリオ聖歌は、2つの別々の実験で吸収の 5.0% と 9.1% の増加を引き起こしました。サンスクリット語の詠唱は2つの別々の実験において同様の 8.2% と 5.8% の効果をもたらしました。このように、両方の種類の聖なる歌が DNA に大きな巻き戻し効果をもたらしました。

 

グレン・レインの実験は、音楽が人間の DNA と共鳴できることを示しているのです。ロックとクラシック音楽は DNA に影響を与えませんが、精神的なミュージカルのチャントは DNA と共鳴します。これらの実験は、単離された精製 DNA を用いて行いましたが、形態の楽曲に関連する周波数は、体内の DNA とも共鳴する可能性があるとわかりました。

 

「菊の核酸とタンパク質の合成に及ぼす音波の影響」と題した別の研究は、「この結果は、音刺激下でストレス誘発遺伝子の一部がオンになり、転写レベルが低下する可能性があることを示した。

「サウンドシミュレーション」によって遺伝子がオンまたはオフに切り替えられる場合、それは DNA が音によって、またはその音の周波数によっても影響されると考える理由の範囲内である。」

私たちの生活にプラスになる音の可能性は明らかであり、DNA に影響を与える 528 Hz (および他の周波数) の可能性は、いくつかの科学的な妥当性があるかもしれません。しかし、DNA 修復要求を行うために、より多くの研究が必要です。

 

出典:https://attunedvibrations.com/528hz-dna-repair/

528Hz DNAの損傷と修復のメカニズム

ニューヨーク分子生物Glen Rein博士の研究によると、試験管内のDNAに紫外線をあてて螺旋構造に欠落をつくり、528Hzで作られた様々な音源をDNAに聞かせた実験を行った結果、DNA構造に修復がみられたといいます。

DNA損傷原因は活性酸素が原因

たった一つの細胞のDNAでも、活性酸素、紫外線、放射線、化学物質などの内的・外的要因により日常的に傷つけられており、一日に何万回も損傷を受けています。

ヒト細胞は病気の発生を防止するため、こうしたDNAの傷(DNA損傷)を様々なDNA修復機構を駆使して治しています。

 

DNAの仕事は 細胞の機能に必要なタンパク質を作る為の設計図を提供することなので、DNAが損傷すると癌などの重大な問題を起こします。しかし、私達の体の細胞は、たいていの場合殆どのDNA損傷を修復する機構を持っています。DNAの損傷は癌などの重大な問題を起こし、DNAエラーは様々な形で現れます。

  • 周波数雑学事典公式Twitter

Copyright © 2019 周波数雑学事典 All rights Reserved.